BOSS攻略(5)

◆ 月の中心核・ラストバトル

※ ゼロムスは内部データ(設定可能なHP上限値)の関係で、下記の3体に分かれている。それぞれの推定HP分のダメージを与えると、次の形態と入れ替わる。全体でのHPは推定で115,500。

ゼロムス 第1形態
・HP 50,000(推定)
・盗む:ダークマター
・行動(通常):バイオ/敵全・無属性ダメージを与える・スリップ効果付加、ビッグバーン/敵全・無属性ダメージを与える・スリップ効果付加、ブラックホール/敵全・補助魔法効果を解除する、振動/効果不明(何も無し?)
・行動(カウンター):フレア/敵単・無属性ダメージを与える・魔法&召喚魔法&魔法アイテムに対して使用(聖属性を除く)、ワーム/敵単・HPを一桁にする・聖属性魔法&聖属性魔法アイテムに対して使用
・行動(パターン):「振動」⇒「ビッグバーン」⇒(※)⇒「振動」⇒「ビッグバーン」⇒「ブラックホール」⇒「振動」⇒「ビッグバーン」⇒「バイオ」⇒ブラックホール⇒「振動」⇒「ビッグバーン」⇒「ブラックホール」⇒(※に戻る)
・弱点:無し
・吸収:無し

ゼロムス 第2形態
・HP 53,500(推定)
・盗む:ダークマター
・行動(通常):フレア/敵単・無属性ダメージを与える、ビッグバーン/敵全・無属性ダメージを与える・スリップ効果付加、ブラックホール/敵全・補助魔法効果を解除する、振動/効果不明(何も無し?)
・行動(カウンター):バイオ/敵全・無属性ダメージを与える・スリップ効果付加・召喚魔法に対して使用、フレア/敵単・無属性ダメージを与える・魔法&魔法アイテムに対して使用(聖属性を除く)、ワーム/敵単・HPを一桁にする・聖属性魔法&聖属性魔法アイテムに対して使用
・行動(パターン):「振動」⇒「ビッグバーン」⇒「ブラックホール」⇒「フレア」⇒「振動」⇒「ビッグバーン」⇒(戻る)
・弱点:無し
・吸収:無し

ゼロムス 第3形態
・HP 12,000(推定)
・盗む:ダークマター
・行動(通常):メテオ/敵全・無属性ダメージを与える
・行動(カウンター):−
・行動(パターン):「メテオ」のみ使用
・弱点:無し
・吸収:無し


○攻略メモ○
ゼロムスの主な攻撃は「ビックバーン」。
この攻撃は魔法防御力にもよるが、同じキャラでも受けるダメージが1,100前後〜2,900前後と、非常にバラつきが大きい。平均的には2,000強のダメージは覚悟をしておいた方が良い。
この事から、リディアやエッジは一撃で戦闘不能になったり、ケアルダでも事が足りたりと、何かと無駄になる可能性もあるが、ローザには毎ターン「ケアルガ」を使わせておくのが無難で、他には一切何もしない方が良い(戦闘不能の解除などは他のメンバーが行なう)。
なお、バトルスピードが「1」の場合は回復が追いつかない場合もあるが、これは「マサムネ」や「エルメスの靴」でヘイスト状態にしておく事で解消出来る。
ちなみに、上記行動パターンの通り、「振動」した後には必ず「ビッグバーン」が来る様になっている。

普通に進めていたレベル場合、攻撃の強さは順に、「包丁」投げ>「ホーリー」>「風魔手裏剣」投げ>「メガフレア」>セシルの「戦う」>「ジャンプ」>「フレア」、となる。
この事から攻撃は、「風魔手裏剣」投げと、「メガフレア」を主体にしていくのがベスト。
「ホーリー」は使っている暇は無いが、万が一使うと「ワームカウンター」を使われるので、使わないほうが良い。
セシルとカインは戦闘不能者が出たり、「ケアルガ」直後に「ビッグバーン」を使われる事が無い限り、他にする事も無いので、攻撃する。
「包丁」をいつ投げるか迷う所。第1形態時の「フレアカウンター」が厄介なため早めに使いたい所だが、第2形態の方が「ビッグバーン」の周期が早いので、早めに第3形態にするためにもこちらで使うのがベスト。

第3形態は「メテオ」しか使わなく危険に思われるが、リディア達が使う「メテオ」と違って、ダメージは1,000以下で命中しない事も多く、ここまでくれば勝利はほぼ約束されたものと言える。


[]