J.K. Rowling

J.K.ローリング

年譜

邦訳作品リスト・インタビュー・伝記

<ハリポタ>シリーズの関連本

映画

題名ハリー・ポッターと死の秘宝Part1・Part2(Harry Potter and the Deathly Hallows)
監督デイビッド・イェーツ製作年2010年
レギュラー出演ダニエル・ラドクリフ(ハリー)、ルパート・グリント(ロン)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー)、ジェイムズ・フェルプス(フレッド)、オリバー・フェルプス(ジョージ)、ボニー・ライト(ジニー)、ジュリー・ウォルターズ(ウィーズリー夫人 ④除く)、マーク・ウィリアムズ(ウィーズリー氏 ①除く)、マシュー・ルイス(ネビル)、トム・フェルトン(マルフォイ)、ジェイミー・ウェイレット(クラッブ ⑦除く)、ジョシュ・ハードマン(ゴイル)、デボン・マーレイ(シェーマス)、アルフレッド・イノック(ディーン 7-2)、リチャード・ハリス(ダンブルドア校長 1・2)、マイケル・ガンボン(ダンブルドア校長 3〜7)、マギー・スミス(マクゴナガル先生)、ロビー・コルトレーン(ハグリッド)、アラン・リックマン(スネイプ先生)、ワーウィック・デイビス(フリットウィック先生 7-2&①ゴブリン銀行の窓口係⑦グリップフック)、デイビッド・ブラッドリー(フィルチ ⑦除く)、ジェラルディン・サマービル(母リリー)、エイドリアン・ローリンズ(父ジェームズ ⑥除く)
Part1・Part2出演ビル・ナイ(スクリムジョール魔法大臣)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)、ヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス)、ヘレン・マックロリー(ナルシッサ)、ジェイソン・アイザックス(ルシウス)、ティモシー・スポール(ワームテール)、ピーター・マラン(ヤックスリー)、ガイ・ヘンリー(シックネス魔法大臣)、スザンヌ・トース(アレクト・カロー)、マイケル・ガンボン(ダンブルドア)、アンディ・リンデン(マンダンガス)、ドムナル・グリーソン(ビル)、クレマンス・ポエジー(フラー)、ナタリア・テナ(トンクス)、デヴィッド・シューリス(ルーピン)、ジョン・ハート(オリバンダー)、イバナ・リンチ(ルーナ)、ニック・モラン(スカビオール)、レイド・セルベッジア(グレゴロビッチ)、ミランダ・リチャードソン(リータ・スキーター)、デイヴ・レジェノ(グレイバック)
出演イアン・ケリー(グレンジャー氏)、ミッシェル・フェアリー(グレンジャー夫人)、キャロライン・ピクルス(バーベッジ先生)、ロッド・ハント(トルフィン・ロウル)、ラルフ・アイネソン(アミカス・カロー)、デヴィッド・ライアル(エルファイアス・ドージ)、ブレンダン・グリーソン(ムーディ)、ジョージ・ハリス(キングズリー)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(マダム・マクシーム)、リス・エヴァンス(ゼノフィリウス)、マテロック・ギブス(ミュリエルおばさん)、イメルダ・スタウントン(アンブリッジ)、デヴィッド・オハラ(アルバート・ランコーン)、ステファン・ロードリ(レッジ・カターモール)、ケイト・フリートウッド(メアリー・カターモール)、ソフィー・トンプソン(マファルダ・ホップカーク)、ヘイゼル・ダグラス(バチルダ・バグショット)、 キーラン・ハインズ(アバーフォース 7-2)、サミュエル・ルーキン(人さらい)
粗筋Part 1はハリー、ロン、ハーマイオニーに課せられた使命であるヴォルデモート卿抹殺の鍵を握る“分霊箱”を見つけ出すところから始まる。今や守ってくれる人も、導いてくれる師も失い、これまで以上に固い結束を求められるハリーたち。しかし、闇の力が、しっかりと結ばれたはずの3人の絆を引き裂いていく……。一方、かつてないほど危険な場所となった魔法界。長いあいだ恐れられてきたヴォルデモート卿の復活が現実のものとなり、魔法省ばかりか、ホグワーツ魔法学校までもが死喰い人の支配下に置かれた今、安全な場所はもはやどこにもなくなった。ヴォルデモート卿の命令によりハリーを生け捕りにしようとする死喰い人の魔の手が迫る。そして、分霊箱の手がかりを探すうちに出会った「死の秘宝」の伝説。ほとんど忘れ去られた古い物語に記されたその伝説が本当なら、ヴォルデモート卿は、分霊箱を上回る究極の力を手に入れてしまうかもしれない……。ハリーはまったく知らないが、彼の未来は、彼自身の過去によってすでに決められているのだ。“生き残った男の子”になった日に、ハリーの運命は決まった。初めてホグワーツの門をくぐったあの日からずっと積み重ねてきた準備―――それらはすべて、このヴォルデモート卿との決着の日のためにあったのだ。(チラシより)
題名ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)
監督・製作総指揮クリス・コロンバス製作年2001年
出演フィオナ・ショー(ペチュニア叔母さん 2・3・5・7-1)、リチャード・グリフィス(バーノン叔父さん 2・3・5・7-1)、ハリー・メリング(ダドリー 2・3・5・7-1)、デレク・デッドマン(トム)、イアン・ハート(クィレル先生)、リチャード・ブレマー(名前を呼んではいけないあの人)、バーン・トロイヤー(グリップフック)、ジョン・ハート(オリバンダー氏 7)、ハリー・テイラー(駅員 2・7)、クリス・ランキン(パーシー 1〜3・5・7)、ジーン・サザーン(えくぼのおばさん)、レスリー・フィリップス(組分け帽子の声 2)、エレノア・コロンバス(スーザン・ボーンズ 2)、ジョン・クリーズ(ほとんど首無しニック 2)、テレンス・ベイラー(血みどろ男爵)、サイモン・フィッシャー・ベッカー(太った修道士)、ニーナ・ヤング(灰色夫人)、エリザベス・スプリッグス(太った婦人)、ゾーイ・ワナメイカー(マダム・フーチ)、ルーク・ヤングブラッド(リー・ジョーダン 2)、ショーン・ビガースタッフ(オリバー 2)、ダニエル・テイラー(アンジェリーナ 1〜3)、レイラ・サザーランド(アリシア)、エミリー・デイル(ケイティ・ベル 2)
受賞衣装デザイナー組合賞、イブニング・スタンダード賞3部門、ゴールデン・サテライト賞、ヤング・アーティスト賞2部門、ブロードキャスト映画批評家協会賞、ラスベガス映画批評家協会賞
粗筋叔母の家の階段下の物置で育ったハリー・ポッター。両親も友達もいない彼が11歳の誕生日を迎えた日、奇妙な手紙が届く。それは何と、魔法魔術学校ホグワーツの入学許可証だった!自分が2人の偉大な魔法使いの子供であることを知ったハリーはホグワーツの生徒となり、寄宿舎で暮らし始める。そして、両親を死に追いやった謎を解き明かすため、恐るべき闇の魔法使い、ヴォルデモートと運命の対決に挑む――!(チラシより) プリベット通り四番地手紙9と3/4番線 ホグワーツ特急組分け帽子




三頭犬のフラッフィーホグワーツの先生ハリーとヘドウィグ暗黒の森
題名ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)
監督・製作総指揮クリス・コロンバス製作年2002年
出演トビー・ジョーンズ(ドビーの声 7)、ジム・ノートン(メイソン氏)、ベロニカ・クリフォード(メイソン夫人)、ケネス・ブラナー(ロックハート先生)、ジェイソン・アイザックス(マルフォイ氏 4・5・7)、トム・ナイト(グレンジャー氏)、ヘザー・ブリーズデール(グレンジャー夫人)、ミリアム・マーゴリーズ(スプラウト先生 7)、ジェンマ・パドリー(ペネロピー)、ヒュー・ミッチェル(コリン 5)、ロシェル・ダグラス(アリシア)、ジェイミー・イェーツ(マーカス・フリント)、ジェンマ・ジョーンズ(マダム・ポンフリー 6)、シャーリー・ヘンダーソン(嘆きのマートル 4)、エドワード・ランデル(ジャスティン)、サリー ・モーテモア(マダム・ピンス)、ルイス・ドイル(アーニー・マクミラン 4・5)、アルフレッド・バーク(ディペット校長)、ヘレン・スチュアート(ミリセント)、ロバート・ハーディー(ファッジ魔法大臣 2〜5)、クリスチャン・コールソン(トム・リドル)
粗筋ホグワーツでの2年目を迎えたハリーは12歳。夏休みを終えて学校に戻った彼の前に、おそるべき冒険の扉が開かれます。ハリーのまわりで次々と起こる、不可解で残酷な事件。壁に書かれた不吉な文字、石にされた生徒、そしてハリーだけに聞こえる声……。ハリーとロン、そしてハーマイオニーの3人は、身の毛もよだつ恐怖を振り払い、勇気をふりしぼって、長い間封じ込められてきたホグワーツの謎に挑みます。そして3人がたどり着いたのは、ホグワーツのどこかにあるとされながら、誰もその場所を知らなかった『秘密の部屋』。そこに眠っていたのは、ハリー自身の過去に関する謎だったのです……!(チラシより) 屋敷しもべ妖精のドビー空飛ぶ車フォード・アングリアホグワーツの先生ハリーと…
題名ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)
監督アルフォンソ・キュアロン製作年2004年
出演パム・フェリス(マージおばさん)、リー・イングルビー(スタン)、レニー・ヘンリー(縮み首の声)、ジミー・ガードナー(アーニー)、ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック 3〜5・7)、ジム・タバレ(トム)、アビー・フォード(魔女のメイド)、デイビッド・シューリス(ルーピン先生 5〜7)、シタラ・シャー(パーバティ)、ジェニファー・スミス(ラベンダー)、ジュヌビエーブ・ゴーント(パンジー)、ドーン・フレンチ(太った婦人)、ポール・ホワイトハウス(カドガン卿)、エマ・トンプソン(トレローニー先生 5・7)、ジュリー・クリスティー(マダム・ロスメルタ)、ピーター・ベスト(死刑執行人&⑤死喰い人)、ティモシー・スポール(ピーター・ペティグリュー&ワームテール 3〜7)
コピー僕らは、変わる。
粗筋13歳になったハリーを待ち受けるのは、かつてない危機と驚愕の真実。謎の脱獄囚がハリーを狙い、不吉な死の予言が告げられる中、ついに明かされる両親の死の真相。大人への一歩とともに、今まで見えなかったものが見え始め、わからなかったことがわかり始める3作目。隠されていた真実がいよいよ核心に向けて動き出す。(チラシより)) 夜の騎士バスルーピン先生ダンブルドア校長トレローニー先生スリザリン生





バックビークシリウス・ブラックハリーとハーマイオニー「エクスペクト・パトローナム!」グリフィンドール生
題名ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)
監督マイク・ニューウェル製作年2005年
出演エリック・サイクス(フランク・ブライス)、デイビッド・テナント(バーティ・クラウチ Jr.)、ジェフ・ローレ(エイモス・ディゴリー)、ロバート・パティンソン(セドリック 5)、スタニスラフ・アイエネフスキー(クラム)、ロジャー・ロイド・パック(バーティ・クラウチ)、ケイティ・ラング(チョウ・チャン 5・7-1)、ウィリアム・メリング(ナイジェル 4〜7-1)、アフシャン・アザド(パドマ・パチル 4〜7)、シェファーリ・チョードリー(パーバティ・パチル 4〜7-2)、ブレンダン・グリーソン(ムーディ先生 5・7)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(マダム・マクシーム 7)、クレマンス・ポエジー(フラー 7)、アンジェリカ・マンディ(ガブリエル)、ペジャ・ビヤラク(カルカロフ)、ミランダ・リチャードソン(リータ・スキーター 7)、ティアナ・ベンジャミン(アンジェリーナ)、ヘンリー・ロイド・ヒューズ(ロジャー・デイビース)、ジャービス・コッカー(バンドのボーカル)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿 4〜5・7)
コピー[闇の帝王]現る。
粗筋4年目の新学期初日はダンブルドア校長の重大発表から始まった。世界の三大校が一堂に集まり、選りすぐりの精鋭たちが魔法の力を競い合う、まさに魔法競技のワールドカップ![三大魔法学校対校試合]が、100年の封印を破り、再開されることになったのだ。参加資格は17歳以上。立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が各校の代表選手1名を選び出す。フラー、クラム、セドリック。ところが、引き続いて4人目の名前が告げられた――ハリー・ポッター!資格もなく、立候補もしていないハリーがなぜ? 立ちふさがるドラゴン、水中で待ち受ける水中人/マーピープル、生きている巨大迷路。どれをとっても一筋縄では行かない難関ばかり。持てる魔法を総動員してナンバー1を目指す魔法界の頂上決戦!しかし、本当の恐怖はゴールの向こうに待ち構えていた。そう、この決戦の裏には最強最悪な陰謀が隠されていたのだ…! 対抗戦の開催を祝して開かれるクリスマスの舞踏会。ハリーがパートナーになって欲しいと願うのは、憧れの年上の女(ひと)、チョウ・チャン。しかし、彼女はレイブンクロー組のクィディッチの選手でもあり、セドリックととても仲がいい。果たして、ハリーの初恋は実るのか…? クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の夜、打ち上げられた“闇の印”。それは、“例のあの人”の復活を告げるものだった。ハリーの額に刻まれた稲妻の傷、そして両親の死。すべての元凶にして、物語の核心を担う[闇の帝王]ヴォルデモート卿が、シリーズ四作目にしてついに完全な肉体を手に入れ、姿を現す時が来た。迫り来る直接対決の時。決戦の火蓋が、いま切って落とされる!(チラシより) キャンプ場で…チョウ・チャン第一の課題の観客席舞踏会 墓場決闘
題名ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)
監督デイビッド・イェーツ製作年2007年
出演キャスリン・ハンター(フィッグばあさん)、ジェシカ・スティーヴンソン(マファルダ・ホップカークの声)、ナタリア・テナ(トンクス 5〜7)、ジョージ・ハリス(キングズリー 7)、ピーター・カートライト(エルファイアス・ドージ)、ブリジット・ミラー(エメリーン・バンス)、サイモン・マクバーニー(クリーチャーの声 7)、イメルダ・ストーントン(アンブリッジ 7-1)、シャン・トーマス(アメリア・ボーンズ)、イバナ・リンチ(ルーナ 5〜7)、ニック・シリム(ザカリアス・スミス)、サム・ビースリー(エヴァラード)、ジョン・アタベリー(フィニアス)、アップル・ブルック(グラブリー・プランク先生)、ヘレナ・ボナム・カーター(ベラトリックス 5〜7)、リチャード・リーフ(ドーリッシュ)、ジム・マクマナス(バーテンダー)、ピーター・ベスト(死喰い人)、アレック・ホプキンス(少年スネイプ)、ロビー・ジャーヴィス(少年ジェームズ)、ジェームズ・ウォルターズ(少年シリウス)、チャールズ・ヒューズ(少年ペティグリュー)、スージー・シンナー(少女リリー)
コピーハリーの本当の秘密、解禁。
粗筋ついに、ハリーとヴォルデモートを結ぶ秘密が、「予言」によってあかされる!!
ホグワーツの5年生として学校に戻ったハリー、しかしそこではヴォルデモートが蘇った事実が、まったく知られていなかった!ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が魔法大臣の地位を横取りするために“ヴォルデモートが復活した”と嘘をついているのではないかと恐れていたのだ。しかもファッジは、ダンブルドアと生徒たちを監視するために「闇の魔術に対する防衛術」の新教師としてドローレス・アンブリッジを送り込んできた! ダンブルドアは、ヴォルデモートとその手下である“死喰い人”らと戦うために“不死鳥の騎士団”という魔法使いの秘密同盟を結成する。しかし時を同じくし、魔法界がヴォルデモート復活の事実に疑いの目を向けている間、ヴォルデモートは“死喰い人”を再結集させた! 彼らは、ハリーと“不死鳥の騎士団”を罠にはめ、のんきな魔法界を大混乱に陥れる…。ついに魔法界全体を巻き込み生死をかけた壮絶な戦いが始まった! 魔法戦争が始まろうとしているのに、アンブリッジ先生の「闇の魔術に対する防衛術」は、実戦ではまったく役に立たないお粗末な内容…。そこで、ロンとハーマイオニーは、ヴォルデモートとの戦いの備えるべく、少数の生徒たちとともに、ハリー指導のもと「防衛術」を学ぶグループ「ダンブルドア軍団」を立ち上げる!彼らは、学校内にまで及ぶ魔法省の厳しい監視の目をかいくぐりながら、魔法戦争に備えて自分たちで魔法の修行を重ねるのだった! チラシ裏面
あまりにも過酷過ぎるハリーの“秘密”が今、明らかに!
ついに、ヴォルデモートがハリーの命をねらう、真の理由が明らかになる!彼はなぜハリーを狙うのか?ハリーの額に刻まれた稲妻の傷は何を意味するのか?7月31日に生まれたハリーが背負った逃れられない宿命とは?まだ15歳になったばかりのハリー。彼は、自分の「過酷すぎる運命」を受け止め、立ち向かうことはできるのか!?(チラシより)
題名ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)
監督デイビッド・イェーツ製作年2009年
出演ジム・ブロードベント(スラグホーン先生 7)、デイヴ・レジェノ(グレイバック 7)、ヘレン・マックロリー(ナルシッサ 7)、フレディ・ストローマ(コーマック 7-1)、ジェシー・ケイブ(ラベンダー 7)、ルイス・コーダイス(ブレーズ・ザビニ 7)、スカーレット・バーン(パンジー 7)、アンナ・シェーファー(ロミルダ 7)、ジョージナ・レオニダス(ケイティ 7-1)、ロバート・ノックス(マーカス)、イザベラ・ラフランド(リーアン)、アメルダ・ブラウン(ミセス・コール)、ヒーロー・ファインズ・ティフィン(11歳トム・リドル)、フランク・ディレイン(16歳トム・リドル)、ポール・リッター(エルドレッド・ウープル)、ラルフ・アイネソン(アミカス・カロー 7)、スザンヌ・トース(アレクト・カロー 7)、ロッド・ハント(トルフィン・ロウル 7)
コピークライマックスは、ここから始まる!
粗筋ついに人間界にまで広がり始めた闇の帝王ヴォルデモートの脅威。もはや、魔法界にも、人間界にも、安全な場所はない。ダンブルドア校長はハリーをヴォルデモートとの最終決戦に送り出す決意を固めた。"その日"が刻一刻と近づいていることを確信していたからだ。不死身のヴォルデモートを倒す鍵を見つけるべく、はりーとともに過去の記憶を追うダンブルドア。その重要な手がかりを知る者はただ一人――かつてホグワーツで魔法薬学を教えていたホラス・スラグホーン。ダンブルドアは彼を復職させるため、おいしい条件をほのめかす。ホグワーツに戻ってくれば、前より高い給料、広いオフィス……そして、魔法界一有名はハリー・ポッターを教え子にするチャンスが待っていると――。
チラシ裏面
崩壊の危機が近づくホグワーツの校内では深刻な事態がもうひとつ――それは思春期ならではの恋わずらい。幼い頃からずっと共に過ごしてきたジニーとハリーの間には、いつしか友達以上のものが芽生えつつあった。そんな二人の前に立ちはだかるのはジニーの彼氏のディーン・トーマス、そして兄のロンだ。しかし、ロンはロン自身の恋愛に悩んでいた。ラベンダー・ブラウンは容赦なくアタックしてくるし、それを見たハーマイオニーは嫉妬にかられながらも決して顔に出そうとはしない。そして、"惚れ薬"入りのチョコレートが妙なところで効果を発揮し、事態は急転直下する。そんな恋愛ムード満開のホグワーツで、そしらぬ顔の生徒が一人だけいた。その関心はもっと深刻なことに向いていたのだ。彼は自分の名を、たとえ悪名であっても、とどろかせてやろうと考えていた。ロマンチックなムードの中に忍び寄る悲劇――ホグワーツは二度と元には戻らないかもしれない。(チラシより)

リンク

ハリー・ポッターストア 「Amazon.co.jp」の検索結果のページにリンクしています。

ハリー・ポッターと魔法の秘密
クイックスペル(訳語、時間、カレンダーなど)、スリザリン名誉挽回委員会、魔法界への旅、マダム・フェリシモのティールーム、ルーピン教授の研究室

ポッターマニア ハリーポッター用語辞典・語源辞典、本・ストーリー、映画、写真ギャラリー、ロケ地の旅、グッズ、料理レシピ

HOME