今日からできる節約ライフ♪電気代の節約しよう♪


http://www13.ocn.ne.jp/tyusen77/

お気に入りに設定
今日からできる節約ライフでは、我が家も実践中の
日常生活に役立つ情報今すぐできる節約方法
紹介している内容盛りだくさんなホームページです♪

【節約♪電気代の節約術♪】

梅雨どきのお悩みをズバッ!と解決!

今の時代、電気が止まればすべての社会活動が停止するといっても過言ではないぐらい電気に依存した暮らしを
私達は送っています。

統計局のホームページで調べた1世帯あたりの年間支出額で光熱費の実質年間支出金額指数をみると,電気
代は上昇傾向にあり,平成20年は昭和40年の6.6倍にもなっています!!

それに比べて、灯油、プロパンガス、都市ガスの1世帯あたりの年間支出額は、平成初期あたりまで上昇傾向にあ
るのですが、やがて横ばいになり、平成20年になると灯油とプロパンガス共に下降傾向にあり、電気との差は年々
広がるばかりです。

特に家庭で毎日使っている電力消費量の大きい家電品を知ってピンポイント節約を心がけていきましょう♪

一般家庭で一番消費電力の大きいのはエアコンで、なんと!家庭の1/4程度の電力消費量になるそうです!
続いて冷蔵庫→照明器具→テレビとなって、この4点で全体の2/3程度を占めます。

そして、これらを節電すると、どのくらいの電力を消費して、どの程度電気料金がかかるのかを知っておくことがその第
一歩ですね。(※資源エネルギー庁の「省エネ性能カタログ2011年夏版」に掲載されている代表的家電の消費電
力量を抜粋)

【エアコン】 
★冷房能力2.2kW(6〜9畳)
消費電力:360〜575W (平均454W) 1時間使用で→1h×454W×0.022円/Wh=10円

★暖房2.2kW(6〜9畳)
消費電力:470〜577W (平均543W) 1時間使用で→1h×543W×0.022円/Wh=12円

<年間の目安電気料金>
13,700〜16,700円/年 (平均16,007円/年)

<エアコンで節約しよう♪へのページはこちらから>

【冷蔵庫】
★電気冷蔵庫 間冷式 定格内容積141 〜 200リットル(2ドア)
消費電力:34.2〜44.5W (平均38.7W) 1時間使用で→1h×38.7W×0.022円/Wh=0.85円

冷蔵庫に関しては365日24時間電源が入っているのが普通なので年間の消費電力料金も計算しました。
<年間の目安電気量>365日24時間電源入れっぱなし 
6,600〜8,580円/年 (平均7,453円/年)

<冷蔵庫で節約しよう♪へのページはこちらから>

【照明】
★蛍光灯器具 8〜10畳用
消費電力:56〜82W (平均71W) 1時間使用で→1h×71W×0.022円/Wh=1.6円
<年間の目安電気料金>
2,200〜3,390円/年 (平均2,786円/年)

<照明で節約しよう♪へのページはこちらから>

【液晶テレビ】
★液晶テレビ18・19型
消費電力:19〜52W (平均32.92W) 1時間使用で→1h×32.92W×0.022円/Wh=0.72円
※参考 待機電力0.1〜1W (平均0.445W)
<年間の目安電気料金>
620〜1,140円/年 (平均913円/年)

<テレビで節約術へのページはこちらから>

【炊飯器】
★ジャー炊飯器 IH5.5合以上8合未満
(炊飯)(保温)(待機)電力はON/OFFだけではなく計算が複雑なので、資料にある年間の消費電力量と電力料
金の目安を紹介。
消費電力:72.8〜109.4kW/年 (平均89.38kW/年)
<年間の目安電気料金>
1,600〜2,410円/年 (平均1,966円/年)

【電子レンジ】
★電子レンジ(単機能レンジ)
電子レンジは、1回数分単位の利用なので、1時間あたりの消費電力は計算せず、資料にある年間の消費電力
量と電力料金の目安を紹介。
58.8〜60.1kW/年 (平均59.5kW/年)
<年間の目安電気料金>
1,290〜1,320円/年 (平均1,310円/年)

※参考 500Wの電子レンジの1分あたりの消費電力と電気料金も計算。
500W×1h/60×0.022円/Wh=0.18円

どうです?1日に換算すればそれほど高くはないのですが、年間にしてみると電気量も馬鹿になりません。意識する
だけでも支出をコントロールできますので、このページに紹介している節約法をぜひ実践してみてくださいね!

今後も私達は今の生活を維持していくために、ますます電気を使った商品を使い続けることは間違いありません。そ
れだけに、節約生活を送るのに避けては通れないのが、電気代の節約なのです。

我が家でも電気代を節約するために、使う家電品はその都度コンセントを接続し、使った後はこまめにコンセントを
抜いたり、コップ1杯程度のコーヒーやコーンスープなどは電子レンジで2分程度温めれば、適温で飲めますので電
子ポットは必要ない限りあまり使っていません。

このページでは電気代を節約するために我が家でも実践している方法や電気代の節約に役立つ情報をできるだけた
くさん紹介していきますので、よかったら、どんどん読んでみて、今すぐできることは実践してみてくださいね!!

あと、効果アリ!な知っておきたい節電グッズの紹介!こちらから

【電気代のちょっと気になるニュース】
■「明かり」をひと工夫して夏の電気代を節約する方法!
■電気料金比較サイト「エネチェンジ」が開設!
■電力自由化で、電気代は安くなるの?
■光熱費節約に効果的な「電気料金通知書」の読み方!
■足元が寒いときの対策方法とは!?
■今、電気代の値上がりで注目されつつあるビジネス!電力自由化で電気代を3分の1にする方法♪
■毎日使う電気だから、今すぐ探そう!電気代の節約アイテム♪
我慢不要! こんな簡単なことで夏に節電できる8つ方法 - 100万円ためるコツ
エコ家電購入よりエアコン使用減らす方が節電効果upと節電通
もしものときの・・・災害時、アウトドア用自家発電グッズ♪
電気代を安くしたい! 今からできる節約法
LED電球、最新冷蔵庫で電気代が年間2.5万円減
水道光熱費の正しい料金プラン組み
太陽光発電は見積り比較で安くなる!しかも、住んでいる地域の補助金も確認OK♪
■国内初、月額課金型の蓄電池レンタルサービスを家庭向けに提供 - NECら3社


まだ間に合う!今すぐできる家計の見直し!毎月の固定費見直しがあなたの未来を左右する!

目次
契約のときに節約
(電気代を節約)契約アンペアを下げて節約する

(電気代を節約)昼間が留守なら電気契約を見直してみよう 
一般家電製品の共通の節約
(電気代を節約)家電プラグを抜く 

(電気代を節約)コンセントを抜かなくても待機電力をゼロにする方法

(電気代を節約)電気の消し忘れを防ぐ方法

(電気代を節約)ブレーカーを活用

(電気代を節約)エコを意識して、省エネ家電を♪
電化製品の節約
(電気代を節約)お湯は電気ポットではなくやかんで沸かす

(電気代を節約)電気ポットは低温保温し、必要なときは再沸騰させる

(電気代を節約)電気ポットのプラグは使わないときは抜く

(電気代を節約)食材の解凍に電子レンジは使わず自然解凍で!

(電気代節約)炊飯器の保温機能には注意!

(電気代を節約)パソコンの電気代について

(電気代を節約)パソコンの電気代についてA

(電気代を節約)乾電池節約術

(電気代を節約)就寝時に扇風機を使うときは、タイマーを忘れずに!

(電気代を節約)暑さ対策にはソフト氷枕や保冷剤を!

(電気代を節約)電気ポットはもういらない!

(電気代を節約)節電に積極的なあなたにぜひ考えて欲しい!
ネットで検索
■電気代の節約についてもっと探してみる♪

■あなたの目でチェック!電気代のおすすめ節約グッズページを見る♪

(電気代を節約)契約アンペアを下げて節約する
契約アンペアを下げることにより基本料金がまず下がる。それと同時に使える電気量も減るので結果的に電気代が
かからなくなる。電気会社に問い合わせをすれば工事をしてくれます。

【電気代の計算方法】
基本料金(契約電流)=使用する電力量で、基本料金の値段が変わります。

契約電流
10A
15A
20A
30A
40A
50A
60A
料金
270円
405円
540円
810円
1080円
1350円
1620円

電気量料金

使用電力量
第一段階
第二段階
第三段階
〜120kWh
121〜280kWh
280kWh超過分
料金
17円
22円
24円

燃料費調整額=原油・石炭などの燃料費に、価格の変動があった場合、自動的に電気料金が調整されます
。3ヶ月ごとに見直される仕組みになっています。

燃料費調整単価×1ヶ月の使用電力量

電気料金=基本料金+電気量料金(±燃料費調整額)+消費税≫

◎あなたのすんでいる町の電気の基本料金が知りたいのなら電力会社のホームページもしっかりチェック!

※東京電力のホームページに「電気のシェイプアップカルテ」のページが2007年2月1日にリニューアルされました。

このサービスはあなたの家の過去2年間の電気使用量をグラフで見ることができます。(無料会員登録が
必要)このサービスを利用することで同じ契約容量の他の人たちの平均使用量とをグラフで比べることがで
きます。こちらから

(電気代を節約)昼間が留守なら電気契約を見直してみよう
電気契約を「時間帯別電灯」に変えるだけで電気代の節約になります。

「時間帯別電灯」利用者の少ない夜11時から翌朝の7時までの電気料金を安くすることができるシステム

しかしそれ以外の時間帯では約三割高めの料金なので昼間電気を使う方は割高になります。

(電気代を節約)家電プラグを抜く
これは誰もが知っている電気代節約法です。

家電製品には待機電力があり、その家電を使っていなくても少量づつ電気が消費されている。

プラグを抜くだけでも年間約300円の節約になります。

プラグを抜くのが面倒なら家電品の電源を切るだけでもかわりますのでこちらのほうがいいかもしれないですね。しかし
、待機電力は消費されます。

無駄な待機電力を確実にカット!節約タップ♪
コンセント差込口一つ一つにON/OFFスイッチがついているので、コンセントの抜き差しの手間が省けるのとワットメー
ターがついているので使っている電化製品の消費電力の数字が瞬時に表示されるので自然と節電意識が高まり
ます。あと、ACアダプターなど幅が広いコンセント専用の差込口もありますので、我が家ではパソコン周辺機器用に
重宝していますよ♪

(電気代を節約)コンセントを抜かなくても待機電力をゼロにする方法
家電品にはコンセントを入れているだけでも待機電力は消費されます。

だからいちいち家電品のコンセントを探して抜いたり、抜いたコンセントさしたりと、面倒くさいですよね(;o;)

そこで役立つのがこの!「節約タップ♪」です。

ワットメーターがついているので今、使用している家電製品の消費電力がリアルタイムでわかります。

この商品の便利なところは、コンセントの差込口1つ1つにオンとオフのスイッチがあるので、毎日利用する家電製品
のコンセントは挿しっぱなしにして、スイッチの切り替えだけで利用できるのでとても便利なんです♪

あなたの家のコンセントの位置はほとんどが腰より下のほうにあって、家電製品を使おうとするたびに家具や物置の
陰に隠れてしまったコンセントを探したり、あってもまたそこからしゃがみながらコンセントの抜き差しをして利用してい
ませんか?

我が家では、この商品を利用することで、隠れてしまって使えなかったコンセントや低い位置あるコンセントを肩の位
置の高さまであげることができました!待機電力を抑える目的で買った商品でしたがいがいやイガイでけっこう使える
ヤツ(商品)です!

(電気代を節約)電気の消し忘れを防ぐ方法
はじめに電気は使った後の消し忘れはほとんどの方が経験あるのではないでしょうか?

その消し忘れを防ぐ方法は、電気のスイッチの周りに夜間でも蛍光に光るテープを張りましょう!

これは張るのと張らないのとでは、ぜんぜん変わってきます。

張る場所は玄関の鍵の差込口や勝手口の鍵差込口・家の外にあるコンセントや照明スイッチ・家の中にある照明
スイッチ・コンセントやトイレや浴室や玄関・出入り口・階段など家の中の移動途中にある壁やローカなど。そうするこ
とで停電時や真っ暗な時間であっても電気をつけずに移動したり、目的のものを探すのにも便利なアイテムになりま
す♪

ぜひ実践してくださいね(^O^)電気代の節約になります♪

そのほかにも視認性アップなので!門柱・フェンス・自転車・ランドセル・傘などのアイテムにも必要サイズにカットがで
きるので使い方もいろいろ!

(電気代を節約)ブレーカーを活用
各家庭には、必ずブレーカーがあります。

四角いボックスに(入・切)か(ON・OFF)スイッチがついていて、主電源ブレーカーと各部屋につながるブレーカーの2
種類があります。

そのうち各部屋につながるブレーカーの各スイッチの上下どちらかに、「コンセント」・「エアコン」ありいは、部屋名など、
書かれていますのであまり使わない部屋のブレーカーは落としておくことで、消し忘れがなくなります。

あと、長期旅行に出かける場合は、冷蔵庫など必要な電源以外は、ブレーカーを落としましょう。

(電気代を節約)エコを意識して、省エネ家電を♪
家庭から排出されるCO2の約4分の1は、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビによるもの。

この4家電製品を買い替えるときに省エネ型の製品を選べば、電気代を節約しながら大きなCO2削減効果が得ら
れます。

「省エネラベル」とは、2000年8月にJIS規格として導入された表示制度で、エネルギー消費機器の省エネ性能を示
すもので、対象製品は、、エアコン、冷蔵庫、テレビ、照明器具、電気便座、ストーブなどの16品目。

省エネ性能が高い製品は、二酸化炭素の削減に役立ち、光熱費が安くなるので、節約製品選びの目印にもなり
ます。

「省エネマーク」には、4つの情報があります。(※これが購入時の最初のチェックです! )

@マークにはグリーンとオレンジの2種類の色があります。
グリーンのマークは、国の目標値を達成している製品。
オレンジのマークは、まだ目標値を達成していない製品

A省エネ基準達成率。
製品の省エネ性能が目標値に対してどの程度であるか、%で表される数値。

同じグリーンの省エネ性マークでも、この省エネ基準達成率が大きい製品ほど省エネ性能が優れていて、光熱費を
節約する製品です。

B省エネ基準の達成期限となる目標年度

Cエネルギー消費効率

(電気代を節約)お湯は電気ポットではなくやかんで沸かす

水温20度の水を1日3リットル沸かしたときと比較。

夏場は暑いものを飲む機会も減るので使うときは使いたい分だけやかんで沸かしたほうが経済的です!!

一ヶ月約99円の電気代を節約できます(^-^)

コーヒー1杯分なら電子レンジのほうがひと冬で最大約22円のお得で、2杯以上なら電気ケトル、2リットル程度なら
やかんがお得になります♪

欲しい分だけサッとお湯を沸かせるコンパクトな電気ケトル!ムダがなく節電&計画停電対策♪

(電気代を節約)電気ポットは低温保温し、必要なときは再沸騰させる

約60度で再沸騰したときと、約98度で保温したときを比較すると、熱湯で入れると苦味が出てしまうので煎茶な
どは低温のお湯が最適!

1ヶ月約20円の電気代を節約(^-^)

(電気代を節約)電気ポットのプラグは使わないときは抜く
電気ポットは7時間の保温状態で沸騰一回するのと同じ電力を消費します。

そして、有害なプラスイオン(電化製品から発する電磁波)が原因で頭痛や肩こり、冷えなど体に及ぼす影響も出て
くるので電気ポットだけでなく使わない電化製品はプラグを抜きましょう!

電気器具の電源スイッチを自動で「入り/切り」できるコンセントタイマー!24時間プログラム付きで賢く節約♪

(電気代を節約)食材の解凍に電子レンジは使わず自然解凍で!

電子レンジで食材を8分間の解凍を一日二回したときと、電子レンジを使わなかったときを比較すると一ヶ月で約
37円の電気代の節約になります。

夏場には自然解凍も早いのでオススメです!

(電気代を節約)炊飯器の保温機能には注意!

炊飯器の保温機能は、節約の面で考えると実はクセモノなんです。

炊飯器で1回の炊飯にかかる電気代と12時間以上の保温状態での電気代は、1回の炊飯にかかる電気代
のほうが安くつくのです。保温は4時間以上なら冷凍したほうが約18円お得です♪

なので、1度炊いたご飯は冷凍保存して、食べるときに電子レンジでチンしたほうがおいしく節約ります!


(電気代を節約)パソコンの電気代について
パソコンの電気代について、少し書きたいと思います。

ずっとつけっぱなしの状態で1カ月にかかる電気代は、14.1インチ液晶ディスプレイのデスクトップパソコン
を使い続けると、1カ月で1280円、年間で約1万5000円の電気代になるそうです。

なかでももっとも電気代の消費が高いのがCRTディスプレイなんですね。

15インチで年間約1万2000円、17インチで約1万6000円の電気代がかかります。

パソコンを使わないときはこまめにCRTの電源を切るだけでも電気代はかなり節約できるのです。

そして、パソコン本体は一般的にCPUの処理性能の高速化によって消費電力は増加していくそうですが、
パソコンメーカーが省エネルギー設計に取り組んできたことで、パソコンの消費電力は年を追うごとに抑え
られてきているそうです。

パソコンを買い換えるなら、電気代の事も考えて決めたほうがいいですね♪

(電気代を節約)パソコンの電気代についてA
パソコンは起動と終了のときに、消費電力が一番高いそうです。

起動の消費電力はだいたい2時間つけっぱなしのパソコンの消費電力に匹敵するといわれています。

そこで、2時間以内はパソコンを触らない時の対処法です。

@windowsの「スタンバイ」と「休止状態」を活用する。
「スタンバイ」
現在の作業状態をメモリに保存して、必要最低限の電力供給でパソコンを待機させることです

「スタンバイ」の出し方
「スタートボタン」−「終了オプション」で「スタンバイ」をクリック。

「休止状態」
作業状態をHDに保存することで、完全にパソコンへの電力供給をカットすることができます。

※復帰時にはHDから必要な情報を読み込む必要があるため、スタンバイに比べて時間がかかってしまい
ます

「休止状態」の出し方
「スタート」−「終了オプション」を選び、「スタンバイ」ボタンが表示されている状態で「Shift」キーを押すと「休
止状態」ボタンが表示されるので、これをクリック。

Aモニタの電源もOFFにしましょう。
「モニタ自動電源OFF」
、「スタート」−「コントロールパネル」−「パフォーマンスとメンテナンス」−「電源オプション」を選び、「電源
設定」タブの「モニタの電源を切る」で時間を設定。

Bパソコン独自の省電力機能を使いましょう。
ほとんどのノートパソコンでは、独自の省電力設定機能が搭載されていますのでその機能を活用しましょう。

(電気代を節約)乾電池節約術
@乾電池はダイソーなど100円ショップでも充分!
100円ショップの乾電池は、値段のとおり長持ちしないと思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

実験されたデータによると、100円ショップの電池とメーカーの電池はほとんど変わらない効果を持っているということ
です。

A電池は適材適所にて利用する。
【マンガン電池】
長時間連続使用するには不向きで、少し休ませると回復する特徴がありますので、使うなら、時計、リモコン、懐
中電灯,ガスコンロ、石油ストーブの自動点火などに向いてます。

【アルカリ電池】
長時間の大きな電流を必要とする物に向いています。

デジカメ、ポータブルCDプレイヤー、ヘッドホンステレオなどです。

Bエコを考え、捨てるからリサイクルへ
「いつまで電池は使い捨てですか?」のキャッチフレーズで、最近エコ乾電池の充電器として話題のこのエコグッズ♪
我が家では、デジカメ用の電池充電や懐中電灯やリモコン・携帯式プレーヤーなどに使う乾電池の充電、そして携
帯電話の充電用としても使えるので重宝しています。

★(電気代を節約)就寝時に扇風機を使うときは、タイマーを忘れずに!
夏になると毎日使う扇風機。エアコンと併用することで電気代の節約にも貢献できますが、我が家では扇風機を使
うときには、必ずタイマーを設定して使うようにしています。

(タイマー設定は適当に!あくまで消し忘れ対策として利用していますので)

扇風機の消し忘れは意外と多いことに気づきます。

特に、朝、急いでいるときや何かやることが重なったりしたときにうっかり消し忘れてしまい、数時間して元の場所に戻
ってきたときにあっ!忘れたなんてことも心当たりがあるでは?

最初は面倒だなぁと思われるかもしれませんが、習慣にしてしまえば意外と自然に身につきますよ。車を運転すると
きに装着するシートベルトと一緒です、ひとつの動作をセットにして、毎日繰り返すと習慣になっています。

★(電気代を節約)暑さ対策にはソフト氷枕や保冷剤を!
我が家ではエアコンを使わずできる暑さ対策に「ジェル状の氷枕保冷剤」を使っています。

特に、暑苦しい夜には、頭やおでこやわきの下など妻や子供たち各々工夫して寝苦しい夜を快眠できるように努
力しています。

おすすめは、値段が多少高くても、朝まで冷たさを持続できるタイプの氷枕の利用です。

そうすることで暑くて起きる回数も減り、扇風機やエアコンの使用も控えることで結果的に電気代を節約できます♪

★(電気代を節約)電気ポットはもういらない!
あなたは、あったかいコーヒーやお茶をすぐに飲みたいときはどうしていますか?

まぁほとんどの家では常に保温状態の電気ポットを利用していますよね。

しかし、最近では、「家庭用ウォーターサーバー」が新たな節約アイテムとしてじわじわと家庭に浸透し始め
ています。

我が家は健康も配慮して、【富士山の恵みから生まれた天然水【フレシャス】を検討しています。
(フレシャスを検討している理由)
・ウォーターサーバーのレンタル料は無料
・配送料も無料
・ウォーターサーバーのメンテナンス料も無料
・1パック(=7リットル)が1100円。ペットボトルと同じ500mlで換算すると、約79円となり、さらに飲み続けると、料金
が安くなり69円となります。
・1ヶ月の電気代が約700円。(電気ポットでの湯沸し、冷蔵庫の開け閉めによる電気代、湯沸しのためのガス代を
考えると、節減効果も充分!かも)

「家庭用ウォーターサーバー」の魅力的なところはなんと言っても便利でさまざまな手間が省け、おまけに
維持費が電気代やガス代よりも低いこと!

たとえば、毎日1杯のコーヒーやお茶を飲むために電気ポットは常に保温状態でないといけませんので一
日中つけっぱなし(電気代の無駄)。やかんで作っても時間がかかります(ガス代の無駄)。生活の中でお
湯が必要なシーンは多いと思いますが、ただ時間やお金のどちらかはかかっていますよね。

新製品が出たからすぐ購入というのは早計!気になる人はちゃんと調べてから検討・購入をかんがえては?

★(電気代を節約)節電に積極的なあなたにぜひ考えて欲しい!
現在、福島の原発事故を発端とした電力不足で節電意識の向上や環境面だけでなく、太陽光発電の設置価
格の下落や国からの設置補助金や買取価格の上昇で、充分な経済的メリットから、10年以内で設置費用を回
収できるケースが多くなってきているそうです。

そこで、太陽光発電のメリットとして、

@電気代の値上げリスクを下げることができます。電気代は使えば使うほど高くなりますので太陽光を設置している
家としていない家では、かなり差が出てきます。

A発電した電気を使う事で電気代を安くできます。太陽光発電(自家発電)で発電した電気は、自分の家で消
費でき、余れば電力会社に売ることができるので一切のムダがありません。

B売電による節約意識が高まります。太陽光発電を設置すると、電気の発電量などを表示するモニターが取り付
けられます。すると、あまり気にしていなかった電気代が見えるようになることで、ムダに流れている電気を意識するよ
うになります。自家消費を抑えることで売る電気を増やす事ができますよね。

C天災時や停電時には、非常電源として役立つ。突然の災害で長期間停電になった時でも、太陽光発電に備
わっている自立運転にモードに切り替えることで、発電した電気を利用することができます。停電時でもテレビやゲー
ム機器・携帯電話の充電などもできるのでさほど生活に不自由はなくなります。

あくまで自分の考えですが、国からの補助金が利用できる今のうちに設置を検討してみるのもいいかなと思います。
気になる人は、太陽光発電システムの見積もり・検討してみては?

≪太陽光発電システムの見積もりでわかる3つの理由!≫

☆太陽光発電システムの相場がわかる!

☆あなたの地域の補助金制度がわかる!

☆地域の良心的な販売店がわかる!

節電に積極的なあなたにぜひ考えて欲しい!



ページ(電気代の節約術)のトップへ
今日からできる節約ライフ♪(電気代の節約しよう)
Copyright (C) 2013 web master All Rights Reserved